全部失敗した元ダイエッターが教える痩せるコツ

ダイエット中に選びたいチョコレート

バレンタインデー!!

今日は右も左もチョコレートの一日でしたね💕

とはいえ、ダイエット中は甘いものを控えたいですよね?

そんな方には今日は我慢の日に?

けれどそんなチョコレートの原料であるカカオ豆は昔は「薬」として使われていました。

上手に取り入れることでダイエットをサポートしてくれる効果や

美容効果まで期待できちゃいます(≧∇≦)ノ【☆:*:・・:*゚☆】

今日はそんなチョコレートのダイエット美容効果についてお話ししてみます。

【チョコレートのダイエット効果】

●カカオ・ポリフェノール

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは体の中の活性酸素など有害物質を除去し生活習慣病の予防に役立ちます。またコレステロール値を整えてくれることでも知られています。この抗酸化作用はシミそばかすの原因を除去してくれるなど美肌効果も!!

●カカオバター

チョコレートに含まれるカカオバターはオメガ6 オメガ9 ビタミンE ビタミンK 鉄 亜鉛 ドーパミンアミノ酸など女性に嬉しい成分が盛りだくさんな良質な脂肪になります。体に吸収されにくい脂肪です。  また目の下のクマを薄くしてくれるなどの嬉しい効果も期待できます。

●エピカテキン

チョコレートに含まれるカテキンの一種で肥満予防・コレステロールを下げる作用・抗酸化作用・抗ウィルス作用などが期待できます

【ダイエット中のチョコレートの選び方】

ダイエットや美容効果が期待できるチョコレート!!

とはいえ普通のチョコレートにはカカオ以外にお砂糖やミルクなどが沢山入っています。

ダイエット中に食べるなら、沢山のカカオポリフェノールの含まれた「高カカオチョコレート」

がおすすめです。最近ではお手軽に手に入れることができるようになってきましたね。

カカオ70%以上を選ぶといいですよ!!

【ダイエット中の効果的なチョコレートの食べ方】

せっかく嬉しい効果の盛りだくさんなチョコレートも食べ過ぎはやはりよくないです。

また高カカオチョコレートは普通のチョコレートよりも脂肪分が高いものも沢山あります。

チョコレートだけで1日分の脂肪を摂取してしまうことも。

1日に5かけほどを数回に分けて食べましょう!!

 

小腹が空いた時や食事の前に良質のチョコレートを一口食べることで、

脳の満足度を高め満腹中枢を刺激することで空腹や食事の食べ過ぎを防いでくれます。

またリラックス効果や脳の活性化、便秘の予防などなど・・・

こんな嬉しいこと盛りだくさんのチョコレート💕

ぜひ、上手に取り入れてチョコレート美人を目指してみませんか?

 

関連記事

初回お試しダイエットカウンセリング

ダイエットコーチがいるダイエット教室

ダイエットの資格取得

最近の記事

  1. 2018.12.13

    痩せるコツ

カテゴリー

PAGE TOP